Skip to Content

カードローン借り換えのメリット

Written on 7月 14, 2014 at 4:14 PM, by

カードローンの借り換えは借り手にメリットをもたらす場合があります。

最も魅力的と思われるのは,低金利のカードローンへの借り換えにより支払額の総額や支払い回数を軽減することができる点でしょう。
このためにはもちろん,新たに借りる業者の金利が現在の借り入れ先よりも低くないといけません。

また,複数の業者から借り入れをしている人にとっては
借り換えにより返済先を一つにまとめれば返済の手間を省くことにも繋がるかもしれません。

勘違いで延滞利息を払ったり,異なる金利の業者に対し返済計画を立てたり,などといった面倒を避けることが期待できます。

カードローンへの借り換えにより金利を抑え,返済の手間を省くことで金銭的・精神的負担を軽減できるかもしれないのです。

後先考えずに借金を増やす人がいるから総量規制が出てくる

Written on 6月 13, 2014 at 3:32 PM, by

今までこのような規制が無かった事の方が不思議です。
あっちからもこっちからもお金を借りる人は、その段階で自分が本当に返済できるかどうかなんて考えていないと思います。

その場しのぎにお金を借りて、その返済が苦しくなるとまた他からお金を借りる。
それで借金なんて返せる訳ないじゃないですか。

多重債務になりそうな人は、審査の段階で貸さない方が良いのでは?
多重債務になりそうな人には、消費者金融ではなく、区役所など行政で救済措置をとるべきです。

お金の必要な理由やその人に合った返済回数・返済額などをきちんと相談した上で、役所が貸し付ける。すでに多重債務に陥っている人には住宅などを無償で提供して、返済は毎月必ずしてもらう、とか。

総量規制は必要

Written on 6月 3, 2014 at 9:25 PM, by

総量規制は必要はやはり必要です。いろんな意見がありますが、借入をしなければならない状況は人生の中で必ずあるわけですから、そこに対する規制はあって当たり前です。

誰しも、できることならお金を借りずに平和に暮らしたい、そう願って生活していると思います。
ですが、思いもよらない事情で生活ができなくなり、お金を借りなければならない、借りるところがない、そして消費者金融に頼るしかない人もたくさんいますし、そんな人を知っています。
また消費者金融によって救われた人もいますし、難しい問題ですね。

誰しも一度借りてしまったら、多重債務に陥る可能性も充分に秘めています。
借りたら必ず返す、計画的に返済していけるのであれば良いのですが、そうでない人もいます。
人間的に良い人でも、安心感で気が緩み、返済を怠る人もいます。

消費者金融でしか借りられなくても、きちんと返済する人、
銀行から借りられても、返済を怠ったり、借りては返すまた借りる、を繰り返す人さまざまです。
借りる人、個人個人の意志の問題ですが、総量規制は借金地獄に落ちてしまわないようボーダーラインとして必要だと思います。というようなことをネットでいろいろ見つけました(例:http://xn--7-fbuximethkbydc2667e4mo2qhcz3ij65a4iiv9u.com/)。

みずほ銀行カードローンの、おおまかな貸付条件

Written on 2月 12, 2013 at 10:51 AM, by

みずほ銀行カードローンの貸付条件は年齢が20歳以上61歳未満、安定かつ継続した収入が見込め、保証会社の保証を受けられるという条件がそろっている方で資金使途は自由(事業性資金は除外)です。

利用限度額は10万、20万、30万、50万、100万、200万、300万、400万、500万円コースの中から選択(審査結果による)、取引期間は1年(更新は満65歳まで)。

金利は利用限度額が上がるにつれて安くなる設定となっています。

金利特典としてみずほ銀行住宅ローンを利用している場合に限り、カードローンの店頭表示の基準金利から引き下げもあります。
返済方法は毎月銀行指定日に普通預金口座から引き落としされます。
みずほ銀行住宅ローンを利用している方はまずは検討してみた方が有利かもしれませんね。

利息の計算方法は残高スライド方式、担保や保証人(指定保証会社が保証)、手数料(時間による)、保証料は不要です。

利用カードはみずほ銀行の普通預金キャッシュカードまたは新規発行するカードローン専用カード。

キャッシュカードの場合は普通預金から引き出しの際、残高が不足した場合は自動的にカードローン口座から引き出しができます。
公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済なども同様のシステムを利用できます。
また、逆に入金後の残金がプラスになる場合、プラス残高部分をみずほ銀行の返済用普通預金口座に自動的に入金されます。

返済遅延の場合は損害金は年19.9%となるそうですので、口座に残高が不足しないように注意が必要ですね。

総量規制について~対象外になるところ、ならないところ。

Written on 11月 19, 2012 at 8:11 AM, by

2010年6月18日に施行された貸金業法改正の本来の目的は、複数の貸し金融業者から借り入れをしている多重債務で苦しんでいる人や自己破産することになった人が増えてしまったという状況をなくすためのものでした。
またこの法律では、貸金業者が個人に貸し付けをする時には、返済能力があるのかどうかの調査も義務付けられました。

自社から借り入れた残高が50万円を超えている場合、または全ての借り入れ残高が100万円を超えている場合の貸し付けには、貸金業者に年収などを証明する必要が義務付けられていました。
そしてその結果、個人の貸し付けについて借りることが出来るのは、年収の3分の1までの借り入れしか出来ない【総量規制】という法律が出来ました。

この法律により、借りる側にとっても貸す側にとっても今までに比べて大変になったことは事実です。
しかし、この【総量規制】という法律は、複数の貸金業者からの借金を抱えて苦しんでいる人や返済不可能な状況を失くすためには必要な法律であるといえるかもしれませんし、考えようによっては借金苦を失くしてくれる法律であるといえるかもしれません。

 

総量規制によって出来なくなる?他社から借り入れする多重債務

不景気、夫の失業などで家計のやりくりをするために消費金融や信販会社からお金を借りる場合もあれば、旅行や高価な買い物のために、あるいはギャンブルのために借り入れをする場合もあります。
借りる理由は様々であったとしても、返済日にお金が用意出来ない場合は別の金融会社から借り入れ、次の返済に足りなければ両者に返済するためにまた別の金融会社からさらに借り入れ、結局は借金がどんどん増え続け自分で自分の首を絞める状態のことを多重債務といいます。
自分の収入に見合う以上にお金を借りていたので、結局返済が出来なくなって、その結果トラブルになることも少なくありません。

このような多重債務によってどうすることも出来なくなってしまった人や、自己破産する人の数が増えてきたことから、この状態を回避するために2010年6月18日に貸金業法の改正が完全施行されました。
その中には【総量規制】が設けられています。

トラブル回避のために作られた仕組みではあるのですが、この法律によると個人向けの貸し付けの場合、原則収入の3分の1までに制限されることになりました。
この貸金業者に新たに導入された【総量規制】では、返済能力以上の貸金をなくし、多重債務を防ごうとする目的があったのですが、今まで複数の会社から借り入れをしていた人達にとっては辛い法律であるといえるかもしれません。

配偶者控除見直しで働く女性は

Written on 9月 20, 2016 at 10:30 PM, by

20160920222913配偶者控除の見直しが検討されています。私がパートをしていたときも扶養範囲内で働きたいという女性ばかりでした。現在は共働きが多く時代に合わないといわれます。現在子育てや介護にかかわっている方は、なにかの支援が必要だと感じます。待機児童の問題もありすべての人がずっと働ける環境が整っていません。

まだまだ女性が一生働くということに関して理解がない会社も多いです。また介護で働けない女性のためには、介護施設を充実させることは大事です。国の老人ホームはどこもいっぱいで10年以上待つ地域もあるようですね。有料のホームだと高額のお金がいります。

在宅介護についても介護スタッフさんが人手不足で思うようなサービスは、受けられないと思います。働く環境を整えて少しでも少子化を止めてもらいたいですね。外部サービスを利用しないと育児や介護との両立は難しいです。まだまだ男性も長時間勤務で女性に負担がかかることが多いと感じています。総量規制と同じで適用が除外されるようなケースもあるのかなと思います。

超低金利政策と量的緩和政策

Written on 6月 5, 2016 at 2:23 PM, by

長年の日本の経済政策の話題となっている量的緩和と超低金利政策。特にゼロ金利政策は結構衝撃的なものでしたね。総量規制の対象外かどうかなんてそんなに大した話でもなくなりつつあります。
ただし、はっきりしているのは、2つの政策ともにまだまだ目的を果たしきれてないということです。見方によっては借金も減ってきているのではという話もありますが、当初の約束をそれでも果たしているとはいえません。
マイナス金利になったことでそのプラス効果を期待されていましたが、底の部分についてもやっぱり期待はずれと言わざるを得ません。世界の先進国はどこも大した経済成長をすることができず、途上国の発展に期待している向きさえあります。日銀を始め、先進各国の中央銀行の責任ある立場にある人たちは、なおもデフレーションに悩まされ続けているのです。

こういう状況では、やはり大量に現金を刷って投下するいわゆる「ヘリコプターマネー」の登場が現実味を帯びつつあります。ヘリコプターで空からお金をばらまく様子に例えて漬けられている名前ですが、それをやってしまうと多くの国民の金融資産の価値を甚だしく下げてしまうだろうと予測されています。
それでもやるのかどうか、不安と期待をもって経済を注視していきたいところです。

靖国神社放火 ニュースの真実の割合&韓国人のこと

Written on 12月 11, 2015 at 11:38 AM, by

20151211113812最近、この事件に限らずよく思うのが、「マスコミから我々に届くニュースは、事実の一体何パーセントぐらいなんだろう」ということです。

靖国神社に放火して韓国に逃げ帰った男が、公然と再び入国…理由は不明とのことですが、そんなことってあり得るでしょうか。我々には伝えられない、日韓政府間での何らかのバーター取り引きがあったのでは…とどうしても考えてしまいます。そういえば韓国では借金も問題になっているのだとか。総量規制とかが必要なんじゃないでしょうか?

それから韓国人入国に関してですが、こういった反日テロリストを入国させないようにするのはもちろんのこと、一般人も規制すべきだと思います。理由は「結核」です。

韓国には「結核大国」というあまり知られていない暗い側面があります。こんなに両国の出入りの規制が緩い中、全ての結核患者が阻止できていいるとは到底思えません。また日本人旅行者が感染して帰ってくる…という事態だって大いにあると思います。

ある意味テロリストより怖い結核菌の持ち込み、マスコミはことの重大性をもっと伝えるべきだろう、ともどかしい気持ちでいっぱいです。